遺言が無かった場合

ちゃんと文章にして遺言を残そうと思っているかたは、まだそれほど多くはないようです。
また、もっとも身近な相手に言葉によって、相続はこのようにしたいと打ち明けることは多々あるようですが、それは、わざわざ文書として残さなくても、家族が上手くやってくれるだろうという楽観視に他なりません。
さらに、遺言を残そうと常日頃から思っているかたでさえも、まだ書かないうちに不慮の事故や病気で亡くなってしまう場合があります。
さて、遺言がないままで財産分与が行われる場合、相続はどのようなことになるかご存じですか。
「民法」という法律がありますが、その民法で、遺言書が無い場合の相続方法が定められています。
ある人が亡くなった場合、まずはそのかたの財産を相続するべき相続人が決められています。
それを「法定相続人」と言います。
これら法定相続人以外のかたに財産を相続させることは出来ません。
後ほど説明いたしますが「生前贈与」もしくは「遺贈」という方法にすれば、法定相続人以外のかたにも財産を譲ることができます。
さて、法定相続人ですが、優先順位が決められています。
亡くなったかたに「配偶者」がいらした場合には、その配偶者は常に相続人になりますし、他には血縁関係があるということで相続する権利を持つ「血族相続人」というのがいらっしゃいます。
配偶者は、当然のことながら「内縁」は含まれず、きちんと婚姻届を提出している正式な配偶者に限られます。
血族相続人の場合は、血族全員ではなく、相続の順番が決められています。

トップへ戻る