法定相続分について

「法定相続分」という言葉をお聞きになったことはありますか。
遺言について既にいろいろと調べているかたでしたら、お分かりでしょうが、そうでなければあまり聞きなれない言葉かもしれません。
法定相続分と申しますのは、どなたかが亡くなり、そのかたが遺言を残していなかった場合に、どのように財産を分けたら良いのかが法律で決められたものです。
遺言が無かった場合は、財産はたとえば以下のように相続されます。
家族という形態にはさまざまなケースがありますので、今回は基本的なケースだけの紹介に留めておきます。
1、配偶者と子供がいる場合…配偶者に2分の1、子供に2分の1
2、配偶者が既に亡くなっていて、子供だけの場合…子供が全額
3、配偶者と両親がいて、子供なしの場合…配偶者が3分の2、両親が3分の1
4、配偶者も子供もなく、両親だけの場合…全額
5、子供も両親もなく、配偶者と兄弟姉妹がいる場合…配偶者4分の3、兄弟姉妹4分の1
6、子供も両親も配偶者もいなかった場合…兄弟姉妹が全額
遺言を遺さなかった場合、基本的な家族構成ですと、法定相続分はこのような割合になりますが、いかがですか。
ざっと、あなたのご家族に当てはめてみてください。
これで、満足であれば遺言を残さなくても大丈夫ですが、やはり最後まで面倒を看てくれた子供には、多めに譲ってあげたいというような気持ちを持つのは当然のことです。
そのような気持ちを形にして残しておいてあげるのが遺言なのです。

トップへ戻る