負の遺産も相続される

相続や遺言に関心のあるかたでしたら「負の遺産」と呼ばれるものについてもご存じでしょう。
負の遺産と申しますのは、「借金」や「未払い金」、「買掛金」そして「税金」などを言います。
亡くなったからといって、これらが消滅するわけではありません。
これらも大事な家族に相続されてしまうものですから、出来る限りこのようなものは残さずに亡くなりたいものですね。
遺言で借金の相続分を書き遺すかたは、いらっしゃらないと思いますが、亡くなってからはじめて家族が、そのかたの借金に気付くというケースも決して少なくはありません。
家族のかたがたにとっては、かなりの衝撃だと思います。
亡くなったかたに借金があった場合、相続人のかたがたは、法定相続分の割合で借金返済の義務を負うことになってしまいます。
通常、預貯金が充分にあれば借金などはしないと思われますので、借金があるかたは、預貯金がほとんど無いわけです。
不動産などはあるかもしれませんが、一般的なケースでは現金の財産はほとんどなく、借金だけがあるというケースが多いです。
つまり、相続人のかたがたは、財産はほとんど相続されずに借金を背負うことになってしまうわけです。
いくら身内が作った借金とはいえ、それではあまりにも理不尽ですよね。
このような場合、民法におきましては、借金の支払い義務を逃れるために「相続放棄」と「限定承認」という方法を定めています。
これらは、相続人が自分の財産から、借金を返済しなくても良いように定められているものですので、どうぞ安心してください。

トップへ戻る