限定承認とは

借金がある場合の相続には、相続放棄のほかに「限定承認」という方法があります。
あまり聞きなれない言葉だと思いますが、ご存じでしょうか。
限定承認と申しますのは、マイナスの財産とプラスの財産の両方がある場合によく利用される相続方法です。
プラスの財産のほうが多い場合の例をひとつあげてみましょう。
たとえば、プラスの財産が1000万円あって、マイナスの財産が500万円あると仮定します。
限定承認の場合、プラスの財産である1000万円からマイナスの財産である500万円を差し引いた、残りの500万円を相続することが可能となります。
また、プラスの財産のほうが少ない場合の例としては、上記とは逆に、マイナスの財産が1000万円あり、プラスの財産が500万円あると仮定します。
プラスの財産よりも、マイナスの財産のほうが多いので、多い分の500万円の負債を支払わなくて良いということになります。
つまり、プラスの財産も相続できないけれども、マイナスの財産もなくなりますということですね。
限定承認の手続きは、相続人全員が一緒に行わなくてはならない決まりがあります。
そして、プラスの財産からマイナスの財産を差し引いて残った分のプラスの財産は、全額、お金に換算して清算されることとなります。
その財産の中に、お気に入りの装飾品等があったとしても、そのまま相続できる可能性は低いでしょう。
遺言がしっかりと残されていれば、装飾品のまま相続される可能性は高くなりますので、遺言を残すかたが生きている間に相談してみるという方法もありますね。

トップへ戻る