生前贈与とは

「生前贈与」という言葉を聞いたことがありますか。
ご近所の○○さんのところでは生前贈与したらしい、などという噂話で耳にしたことくらいはあるかもしれませんね。
生前贈与と申しますのは、その名前のとおり、生前つまり生きているうちに財産を贈与するという方法です。
一般的に生前贈与という方法は、将来、負担しなくてはならない相続税をある程度、抑えるという目的のために利用されます。
そのため、亡くなってからの相続よりも、生前贈与を望むかたも多いですね。
しかしながら、贈与税ももちろん必要です。
当然のことながら、生前贈与される分の財産につきましては、遺言の必要もありませんし、その分の財産がどなたの手に渡ったのかを、その目で確実に見ることも可能です。
反面、相続人からの不平不満が出た場合には、それらもしっかりと受け止めなくてはなりません。
酷い場合は、骨肉の争いをその目で見てしまうことにもなりかねません。
死後に相続するべき財産を計算する際には、相続人に対する生前贈与も相続分の前渡しとして計算しませんと、生前贈与を貰っていない相続人は不公平になりますので注意してください。
「特別受益(生前贈与や遺贈分)」と「現存する財産」を足したぶんが、相続財産となるわけです。
ですので実際のところ、生前贈与したからといって、大きく得をするということはありません。
生前贈与や遺言について細かい疑問などがあれば、どのようなことにも答えてくれる弁護士事務所などで相談してみましょう。
全ての疑問や不安がなくなってから、実行にうつしましょう。

トップへ戻る