遺言を発見したら

遺言は大概の場合、封書等に入っていて封をされていますが、遺言を発見したのであれば、すぐにその場でその封を開け、中を確認したい気持ちはわかります。
ですが、それをやってしまっては、せっかくの遺言が無効になってしまうだけでなく、処罰される可能性すら出てまいります。
何故なら、中身を都合よく書きかえたり、すり替えたりすることも出来てしまうからです。
それによって、相続人同士での争いが起こる場合も多々あります。
遺言を発見したのでしたら、絶対に開封をしないで、まずは相続人全員にそのことをお知らせしましょう。
遺言書を開封するのは、家庭裁判所でなくてはなりません。
家庭裁判所で行う「検認手続」のうえで開封します。
この検認手続と申しますのは、遺言書がどのような状態で存在しているのか、を裁判所が確認するものであり、さらには、手続き後に遺言書が書き換えられたり、すり替えられたりすることを防ぐためのものです。
万が一、その遺言書が無効なものであったとしても、そのあたりの詳しいチェックはされません。
つまり、検認手続を行ったからといって、その遺言書が有効なものであるということにはならないので注意してください。
また、遺言書を勝手に開封してはいけないということを知らない相続人が開封してしまったとしても、やはり家庭裁判所へいってその事情を説明し、検認手続を行ってください。
検認を済ませた遺言書がなければ、遺言の内容を実現するための手続きに支障がでてきてしまいます。
いろいろと思うところはたくさんあると思いますが、遺言は故人の意志ですのでその通りに実現してあげましょう。

トップへ戻る